あとは寝るだけ

春眠暁を覚えず

と言いますが、

朝活早起き、継続中であります。

夜9時、睡魔くんはやってくる

朝、5時に起きて1日を過ごしていると、当然、夜は早く眠くなります。

最近では、夜9時、突然に睡魔くんはやってくるのです。

みんなが眠くなるというこの季節は、尚更、私の中の睡魔くんパワーは全開なのであります。

どうやっても抗えないっっ。

こいつ(睡魔くん👿)には、どうしても昔から勝てないのです。

私の弱点。襲いくる睡魔に勝てない。

小さな子が突然寝落ちするように、その時は半ば、意識が飛んじゃってます。

最近では、家族の帰りが遅い時は、耐えきれず布団を敷いて本気の仮眠💤

もう戦いは諦めて、友好条約、仮眠の道を選びました。

そんな睡魔くんとの付き合いが続く、春の睡眠事情なのです。

睡魔くんとの思い出

なんじゃそれ?と言う見出しですが。

昔々、新入社員だった頃、先輩に連れられて、大事なお客さんとの打ち合わせ。

退屈とか、そんな感情、持てるはずのない緊張した場面、お客さんの目の前に座っていながら、

襲いくる睡魔に勝てず、こっくり、船を漕いでしまったと言う、とんでもない苦い思い出があります。

幸い、先輩&お客さんが優しかったので、打ち合わせをぶち壊すほどのダメージは与えなかったので助かりましたが、(真相は知れず)

あれは今でも病的な睡魔だったという、恐ろしい記憶。

抗えないっっ。

ほんと、この睡魔くんにはいつも完敗なのであります。

怠けてるわけじゃないんだけどなぁ。

主婦になってこのような”寝てはいけない”場面は少なくなりましたが、

今でも、なぜか、映画を観てると8割、いや9割、睡魔くんがやってきて、私の楽しい時間を奪っていくのです。

映画の面白さに全く関係なく!です。

困りごとでなのあります( i _ i )

あとは寝るだけ、なんて素敵な響き*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

寝る、という、子供もの頃の思い出に、

やるべきことを全て終え、

「あとは寝るだけ」状態で、お楽しみのテレビを見るとか、

ご飯を食べる、というのに、この上ない幸せを感じていました。

(ご飯は、歯磨き、と言う避けられない問題はありますが)

それに、いつもと違うリビングで寝るとかが加わると、

特別感でしょうか。とてもワクワクしたのを覚えています。

主婦になってからは、これがなかなか実行できませんが、

この、「あとは寝るだけ」状態。

これには今でも幸せを感じて、できる時は、時々実行中であります。

小さな幸せですね(๑╹ω╹๑ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA