昔々の教習所から人生の教訓を得る

昔々、私が自動車教習所で習った言葉に

「認知、判断、技術」

という言葉があります。

テクニックは最後

車の運転はこの「認知・判断・技術」の繰り返しだ、ということなのですが。

当時教官が教えてくれたことは少し違って、

事故を起こさない運転に大事なのは、

認知力、次に判断力、最後に運転技術ということなのです。

要は事故を起こす最大の原因は、その運転技術によるものではなく、認知力の欠如であるということ。

自分の置かれている状況を知る、危険な状況にあるか、危険な車、人はいないか否か。

次に判断力。それを受けて自分はどう動けばよいのか。

そして最後に必要なのがそれを回避、実行する技術ということです。

なので安全運転において、反射神経とか、運動神経とか、テクニックは最後に問われる問題ですよ、ということ。

当たり前の話かもしれませんが、当時、とても納得し、今でもあらゆる分野でこの言葉が教訓となっています。

まずは認知(知る事)これが大切なのであります。

ブレーキは踏まない?

そして上手な運転、ということでいえば

なるべくブレーキを踏まない

これこそが上手い運転なのだとも。

ブ、ブレーキを踏まないだと?

要は無駄なスピードを出したり、車間距離を詰めすぎたり、ぼーっとすることによる

急ブレーキは厳禁ですよ、ということですね。

目指すは滑らかな運転

そして、運転において大切なのは全体の流れ。

全体の流れを止めない運転。

自分は大きな流れの一部と捉える。

自分的にも全体としても滑らかな運転を目指す(๑╹ω╹๑ )

渋滞が起きなようにね。

これが大事。

まさか教習所で人生の教訓を得るなんて

30年近く前のこれらの自動車教習所での教えが、なぜか私の中に今でも鮮明に残っていて、

これが運転だけではなく、あらゆる人生の教訓になっているのであります。

いや〜自動車教習所で、人生を学んでたんだな、私笑。

活かせてるのか?

そんな何十年も前の教えを教訓としている私ですが、果たして活かせているのだろうか?

不安は残りますが💦

本日もアメリカ市場の大暴落を受けて、日本株も下落中であります。

ここでも、急ブレーキを踏まずに済むように、更なる知を広げようではありませんか笑

と無理矢理つなげてみる、本日スタート!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA