千日手からの千日手、え?

昨日は将棋の棋聖戦 

第1局が行われましたよっ。

いつもながらの、思わぬ展開

昨日は私が応援している藤井さんの将棋、棋聖戦。

あいにくのお仕事だったので、あ〜今日も見れないな〜と思っていたのですが、

帰ってきて即パソコンスイッチON! 

いつものABEMA。

すると、両者の残りの持ち時間1時間前後。

A Iの形勢予測は半々。

決着には間に合ったかな〜、と思ってぼーっと見ていると、なんとあれよあれよ、千日手出現!

あれ〜

なんかデジャブじゃなかい?

これ、前回の叡王戦第二局

お仕事から帰りパソコンを立ち上げると、

なんとびっくり千日手で指し直し〜。と

書いていましたが、それがまた( ・∇・)

見れなかった対局がまた初めから見れて嬉しいのですが、なんとも不思議な気分でありました。

こんな頻繁に?

そして仕切り直し、30分後に対局再開されたのですが、ここからがまたまた思わぬ展開。

開始から数十分後、再び千日手が成立してしまったのです( ・∇・)

千日手からの千日手

こんなことってあるんだ〜

終わるの?これ???

藤井さんの黒星をうっつらうっつら

そして仕切り直しの3回目。流石に今回はなさそうな展開。

いつの間にか藤井さんの評価値がどんどんと下がり。。。

けれど評価値99%対1%にになっても、どこかで藤井マジックを期待していましたが、今回は現れず。

結局お相手の永瀬王座が勝利。

久しぶりに藤井さんの負けた姿を見た気がします。

といっても実は長引く対局に、パソコン画面前でうとうとしてしまい、あまりしっかりと見れなかったのであります〜

うっつらうっつら

あ〜何をやってるやら。

しかしながら前回も書きましたが、千日手からの指し直しって、棋士の方には精神的にも体力的にも計り知れないほどハードだよね、とそこに感心してしまうという。。。。

さて、ほんとに仕切り直しの第二局、6月15日に期待であります。

て、また仕事が入っってるんじゃ〜い

( i _ i )

出典ABEMA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA