昭和を懐かしみながらも、今を生きよう

先日、高校時代からの友人が、デパートの昭和レトロ展に行ってきたよ、と写真などをラインで送ってくれました(๑˃̵ᴗ˂̵)

すっかり昭和、物で溢れた時代は過去のもの

送られてきた展示の写真には、見る限り、物に溢れ、懐かしきものの数々(๑˃̵ᴗ˂̵)

そして思うのです。

あー、昭和ってやっぱり随分と過去なのだなぁ。レトロなのですよ、昭和の全てが。

そして、あらためて、物の時代だったんだなぁ、という思い。

戦後は、新しいものがどんどん生まれ、

たくさんのも物を持つことが幸福の象徴だった時代。

令和の今では、そのほとんどがスマホという小さな四角い物体に、吸い込まれていってしまったように思います。

電話、カメラ、お財布、音楽、書籍、新聞、ノート、時計、計算機、手紙、銀行、テレビ、映画、ゲーム

あー、キリがない笑    

今は物を持たない時代

息子が歳をとった時、そしてもっと未来、平成、令和レトロ展なんてものがあったら、そこには何が展示されているのだろう。

スマホのみ?

そもそも展示なんて概念もないか、きっと笑。

なんだか今は、どんどん物が消えていく世界、それを感じるセンチメンタルな便りでした。(ラインでね)

家にある昭和レトロを感じるものを集めてみても、このくらいしかない💦

今を生きる

たくさんの物で溢れていた時代、あの頃はよかったね。

とは言いたくないけれど、(だっていつだって今を生きたいじゃないですか笑)

たまにふと、この日本に生まれて、いつの時代に生まれるのが幸せなのか?などということを考えてしまいます。

タイムマシンで生まれる時代を操作できない限り、全く不毛な問いでありますが。

戦後に生まれ、このまま戦争が起きずに生涯を終える人達でしょうか。

それとも息子達の時代?もっと未来?

そんなことを考えていると、やはり戦争があった時代の不幸は計りしれません。

物がどうこう、ということなどすっ飛ばして、圧倒的に幸せから遠ざかります。

戦争がない時代に生まれ、戦争を体験なく命を全うできたなら、そこはとても幸せな時代ときっと言えるのでしょう。

昭和は戦争という大きな負の側面もあります。

戦争の時代を生きた人たちを思うと、昭和はよかったね、などということはできないのです。

世界では常に戦争や紛争が絶えません。

戦争のない世界、人類には無理なことなのでしょうか。

昭和レトロの話からずれてしまいましたが💦

何事の良し悪しも、ひとくくりには語れません

ということなのでしょう。まとまりがないか。

結局は

世界が穏やかになって欲しいと願いつつ、

今を一生懸命に生きる。

この言葉を大事にしようと思う、本日のスタートであります。まとまったか?

(^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA