父の三回忌

今日は義父の三回忌であります。

二年前のこの日、日本はコロナで大騒ぎし始めた頃、父は天国へ旅立ちました。

散々お世話になり、大好きだった父。

父の人生において、私が少しでも何かを与えることができたのだろうか。

いただくばかりだったのではないだろうか。

何のお返しもできないないまま、

不運にも、息子の怪我の手術と重なり、葬儀にも出席できなかったのです。

その後も世界はコロナ騒ぎ、思うようにお墓にも行けない状態です。

忘れ物

そんな父の命日。特に丸二年が経ったこの日、

仏教の世界ではなぜか三回忌という節目の日にもかかわらず、

忘れてしまっていたではないですか!!

自分がほんと情けない。

長野の実家にせめて花でも。。。と思ってたのに。

慌ててネットで注文するも、当然、本日には届かず、明日になってしまいました。

お父さん、ごめんなさい。

あー情けない( i _ i )

心ばかりの供養、思い出すのは電話の声

今朝は後悔の1日の始まりですが、本日は父を思い出し、心ばかりの供養をしようと思うのです。

父とは結婚して以来、約20年のお付き合い。

当初から、様々なことを気にかけてくれ、私にたくさんの話をしてくれました。

その内容は政治や経済から派生し、根幹は生活のこと。

いつも子供達の生活、特に経済的な部分を心配してくれていました。

が、もともと経済に疎い私はチンプンカンプン。

話の途中、眠たくなって船を漕ぐこともしばしば。

失礼(( _ _ ))..zzzZZ

最後、入退院を繰り返していた頃には、時折電話がかかってきて、私に株式投資のススメ。

これも、私には全く知識がなかったので、その受け答えに、父はなんとも歯痒かったと思いますが、

夫が父の株を引き継いだのをきっかけに、私も投資を始めることができ、今では、

あー、お父さん生きていたら、株の話、もっと聞きたかったなぁ。と悔やまれるのです。

私に株を熱心に進めていた頃の父からの留守電が、未だ我が家の電話に残っていて、

消せずにいます。

家族を亡くした時、私が一番思い出すのは、その声。

特に自分の名を呼んでくれる、その声です。

いつまでも耳から消えることのない、呼びかけに、

自分の中に確かにその人が存在することを、実感するのです。

お父さん、今日は世界市場は大荒れ、今後日本株はどうなって行くのでしょう、と

聞いてみたいのです。

                                                                                             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA