時間と共に処分されていく物達、取り残される気持ち

昨日は、ワクチン副反応からも復活し、月に1度の、父とのお墓参りに行ってきました。

車窓から桜たちを満喫

毎月、母か姉の月命日近辺に行く、父とのお墓参り。

昨日も予定通り、実行されました。

実家まで、久しぶりの片道1時間の一人ドライブ。

道も空いてて爽快。

車窓から所々に見える、散り際の桜が目を楽しませてくれました。

一方、枝垂れ桜や、八重桜なのか、今が満開の桜もちらほら。

そして、昼食に立ち寄ったお店の枝垂れ桜が美しく、風にゆられていました。

思いがけず綺麗な桜を発見すると、得した気分!

霊園の桜

霊園にも、散り際の桜がありました。

もうちょっと、うちのお墓の近くにあったらいいのにな、と完全に自己中な私💧

姉は亡くなる前の入院中に、その年の桜、花見に行くことを夢見ていたのですが、

とうとう開花を前に亡くなったのです。

文字にすると、なんてちっぽけな夢。

しかし、叶わなかった。

これが、私の桜に対する想いを複雑にしています。

母の時もそうですが、亡くなった頃の季節の匂い、風景、これがずっと染み付いているのです。

そこからの時の多さと関係なく。

日本には素晴らしい四季があり、素晴らしい景色があると同時に、

遺されたものはその季節が来るたびに、その寂しさを繰り返し味わわなければならないのです。

実家の片付け

月に1回、実家に行くもう一つの理由として、家の片付けがあります。

物を溜め込む性質の母が逝った後は、父が一人で暮らすには不要なものがあまりにも多く、

片付け、と言っても大半は処分という形になるんですが、その手伝いをしています。

母が亡くなって3年以上経ちますが、まだ1つ大きなものが残っていました。

それはマンション敷地内で借りている、個人の倉庫。

ここには当時片付けられなかった姉の衣類や、そのほかマンションのリフォームの時に突っ込んだ、

取りあえずの不用品たち。

長年熟成されたものであります。

埃だらけの不用品。

偶然ここに閉じ込められて、何十年というものもあります。

一つづつ、処分されていくのを考えてみると、私のこの家での20年の暮らしそのものの終わりを感じざるを得ないのであります。

いずれは、家そのものも無くなって、気持ちだけが取り残されていくのです。

物はただの物体となり、涼しい顔をしてこの世を去るのです。

となんだか春に相応しくない、センチな気分の文章になりました。

あしからず。

来月は、もう新緑の季節かな!

ハナミズキも楽しみなのであります(๑╹ω╹๑ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA