季節が移ってきましたよ

昨日、ベランダで、伸びてきた紫陽花の葉っぱを観察してみると。。。

あ、アップすぎるが

新しい葉っぱの奥に蕾らしきものが (๑˃̵ᴗ˂̵)

やった〜。植え替え成功なのか??

今年は鬱陶しい梅雨の時期に、紫陽花の花が、癒しを与えてくれるのでしょうか。

ワクワクなのであります。

今日は土を買った時に付いていた、発色を綺麗にしてくれるという、アヤシイ粉を混ぜて、水を与えてみようかと思います。

土も追加しちゃおうかな!

どうか綺麗な花を咲かせておくれ〜。

そして、我が家のベランダのセンターをつとめる、アイビーちゃんも冬の寒さを耐え、新芽が続々と。

新しい葉っぱ、蕾を見ると、なんとも力強い生命力を感じます。

だから、新緑の頃っていいよな〜。

お散歩コース、道端の植え込みにもカラフルな花たちが咲き誇る。(夫が撮ってきてくれましたー)

チューリップ、キャワイ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

そして夜空も

そして、昨日は、久しぶりに夜空が綺麗だなぁ、と思い、思わずパチリ。(この、パチリという表現、古い気がしますが💧)

すると、ニュースで、明け方には満月になっていたとのこと。

春のおぼろ月ではない、すっきりとした姿に、ほんの少し、季節の移り変わりを感じたのでした。

ちなみに、アメリカでは月毎に満月の呼び名があり、4月はピンクムーンと言うそう。

月の見え方ではなく、季節のイベントや動物、植物の名がつけられています。

ピンクムーンも月がピンクに見えるわけでなく、4月はピンクの花のイメージから、らしいのです。

ふーん。

しかし、日本の月に関する呼び名はほんとに多数あり

🌕満ち欠けによる呼び名(十六夜、有明月など)

🌙月齢による呼び名(新月、三日月など)

🌔季節をあらわす呼び名(春月、寒月など)

🌗気象、天候をあらわす呼び名(雨月、薄月など)

🌓月の見え方による呼び名(孤月、青月など)

🌒時間の推移による呼び名(夕月、黄昏月など)

などなど、

調べてみると、書ききれないほど💦

日本は実にその表現に情緒風情があって、

月を愛でる文化はアメリカに絶対負けないもんね!

と何故かアメリカに闘いを挑む私なのです(๑˃̵ᴗ˂̵)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA