テレビの中のスターを配信で観る

昨日はNetflixで、「浅草キッド」を観ました。

劇団ひとりさん監督の、ビートたけし自叙伝「浅草キッド」を映画化した作品。

ストーリーはなんとなくわかっていたのですが、

予想を裏切らない、

味わいのある、素敵な映画でした。

特に、

柳楽優弥さん演じる”ビートたけし”が、最高にいい!

もともと好きな俳優さんなのですが、

画面の中の彼は、若い頃の”ビートたけし”が

見事にそこに息づいていました。

もちろん見たことはないのですが、それを見せてくれたのです。

一見「本物か?」と見間違うほどそっくりな場面も。

しかし感心すべきはそのモノマネ具合ではなく、

彼がほんとの”ビートたけし”と思わせてしまう、いきいきとした演技力。

どこか寂しげで、しかしどこかドライなたけしの雰囲気をまとっていて、

顔など全く似ていない柳楽さんが、すっかり”若きビートたけし”になっていました。

私たちが見れなかったはるか昔の”ビートたけし”を見事に再現してくれたのです。

現実ではもう見れない過去、もしくはまだ見れない未来を、見せてくれる、

これぞ映画の神髄だと思うのです。

なんて、ちょっと偉そうに語ってみました。

しかし、なんでこんなによい映画が、Netflixの配信のみなのでしょう。

とても丁寧に作られた作品で、劇団ひとり監督もほんと素晴らしいです。

監督の”たけし愛”がひしひし伝わってきました。。

この映画はテレビで成功した大スターを描いた作品。

配信のみの”上映”というのがなんとも残念に感じてしまうのです。

テレビの行方を憂うが

最近はなんでも配信、配信、で映画やその他のエンタメ、全てをネットの中で

完結してしまって、テレビがその役割を奪われてしまっています。

テレビをみんなで見るって、最高の一家団欒なんだけどなぁ。とちょっと寂しいのです。

我が家でも、テレビがついてたって、みんな ”ながら見” 状態。

スマホかタブレットの画面を見ています。自分もね💦

最近の若者の家にはテレビがないなんてことも多いとか。

そうなってくると、自然と番組も年配の方向けになってきますよね!

そのうち、テレビって無くなってしまうのかな。。。。

そんな中、最近、私が見てるテレビ番組を考えてみる。

まずは朝の

「モーサテ」テレ東

「日経モーニングプラスFT」BSテレ東

このあたりは株のお勉強用。

そして

「プレバト」TBS

「開運!なんでも鑑定団」テレ東

「家、ついて行っていいですか?」テレ東

「がっちりマンデー」TBS

「WBS」テレ東

感想

テレ東率 たかっっ!

見てる番組で自分の年齢を感じるわー。

そして最近加わったのが

「鎌倉殿の13人」NHK

「ヒューマングルメンタリー オモウマイ店」日テレ

総評

結構見てるやないかい!

まだまだ私はテレビっ子ということか( ^ω^ )

もっともっと面白い番組、まだまだテレビの未来に期待しているのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA