アルバイトとパート

昨日はパートのお仕事で、久しぶりに17時近くまで働き、

ヘトヘトな、土曜日の朝を迎えております。

こんな日は、カフェミュージックをBGMに、アメリカンブレックファースト、といきたいところですが、

おっと、私は16時間断食をしているので、朝はコーヒーのみだった!

なので、カフェミュージックを聴きながら、昼ごはんに予定している焼きそばを楽しみに、一連の朝活開始であります。

写真は夫の休日用の朝御飯。匂いとイメージだけ、いただきます( ^ω^ )

アルバイトとパートの違い

普段私が働いてる形態、パートでありますが、アルバイトとの違いってあるのだろうか?

調べてみると、どちらも時給や日給で働く仕事で、法律的な違いはないそう。

ただ、フリーターや学生はアルバイト、主婦(主夫)はパートと呼ぶ慣習があるとうもの。

なるほど、呼び名の違いで、求人などの際、企業が求めてる人物像をわかりやすくする意味もあるのですね。

私も学生の頃はアルバイトでしたが、今ではすっかりパートのおばちゃんです。

初めてのアルバイト

忘れもしない、初めてのアルバイトは、私が高校1年生、なんと37年前ではありませんか!

当時、アルバイトに憧れて、父の仕事のつてで、遊園地のアイスクリームショップに友達と一緒に働かせてもらったのです。

そのころの時給は550円くらいだったのではないでしょうか。

自分で働いて、お金がもらえる

これがとっても嬉しかったのを覚えています。

そして、場所が遊園地ということが、何だかとっても楽しい気分にさせてくれて、

ソフトクリームをうまく巻くのが大変だったけど、教えてくれた同じバイト、20歳のオトナなお姉さんの、

刺激的な会話にどきどきしてました。

あー懐かし。

何事も経験

その後も、就職までは、実に様々なアルバイトをしてきました。

デパートのラーメン屋さんだったり、西友の衣料品コーナの服たたみ、

ホテルの宴会給仕の仕事は大変すぎて、パニクって1日でやめたっけ。

日雇い労働みたいなことも数知れず。

何事も経験、とは言いますが、

その経験は、とっても今でも活かされていると自負しております笑

ラーメン屋さんでは焼きそばの作り方を覚えたり(かき油を入れると、とっても美味しくなります!)

(本日のランチ予定の焼きそばにも、もちろん欠かせません)、

野菜を大量に刻むことで、包丁使いがうまくなりました!

玉ねぎスライス、にんじんの皮むき、スピード半端ないっす。(主婦に必要なスピードか?)

服たたみのバイトでは、もちろん!服をたたむの上手く、早くなりました。

テレビなどで、上手に早く服をたたむ方法や、お助けグッズなどが紹介されているのをみると、

「ちょと、何言ってるかわからな〜い」状態です笑

こんな実技の他にも、たくさんのバイトを経験すると、自分にあってる仕事、嫌いな仕事、

これがわかるようになりました。

🐶やっぱり給仕、接客業は苦手、裏方でいたい。

🐶それでも人と関わりたい

🐶楽でも、暇な仕事はたえられない

🐶コツコツ事務作業も苦手

🐶配達関係も苦手

わがままやな〜

数十年の時を経て、今のパートが自分に合っているのも、このアルバイト経験が活きているのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA