久しぶりの長電話で、女性脳を実感する

昨日、高校時代からの親友から、電話がありました。

この時代、電話というものをあまり使わなくなったのもあり、

電話でのおしゃべりは、久しぶり!

電話を切ってみると、通話時間、なんと1時間40分でした。

喋り出したら止まらないぜっ

内容は、取り止めのない昔話(なんせ、高校時代からの付き合い(๑╹ω╹๑ )昔話は山ほどある!)

語り出したら、一晩は余裕で語り続けられますっ。

その後、話はお金や健康の話、それぞれのSNSとの関わり方など、多岐に渡りましたが、

2時間近くの時間なんて、あっという間。

そして、終わると

あー充実した時間。

まだまだしゃべれるぜよっ

内容的に解決しない様々な問題はあるものの、

気持ちの大半は、大切な友人とおしゃべりできた満足感に満たされるのです。

おしゃべり自体が目的、これって女性脳?

こんな時、”あ、これ、女性脳だ”って感じるのです。

女性は、おしゃべりすることで、自ら事柄を整理していき、問題を解決していくというものです。

話を事件のきっかけや背景から話だし、話しながら状況を整理し、自分で答えを見つけ出すという。

しかし男性は違います。

普段男二人を相手にしている私は、しょっちゅう、

「話が長い」

「オチはあるんだろうね」

「結局何がいいたいの?」

と散々私の会話は隅っこに追いやられているのです。

( i _ i )

オチなんてあるわけないやん!

漫才師でもあるまいし。

しかも、大事な話だって、大半は聞いてくれてません。

いくつものことを同時に聞き分けられないんだってさ!

もう!( *`ω´)

と、大分ぐちっぽくなってきたので、話を元に。。。

結局は、おしゃべりで自分をデトックスできたり、友人に共感してもらって自身の迷いを取っ払ってもらう、

おしゃべりそれ自体に大きな意味があるのです。

結論、女友達とのおしゃべりは、女性脳を発揮し、自身を整理する、私の大事な大事な時間なのです。

おしゃべりは長生きの秘訣

それを思うと、自分は間違いなく女性なのだと、実感するのであります。

さて、自分を女性だと実感した私は、こんなことを考えます。

老後だっておしゃべりできる友達がいれば怖くないもんね!

これって長生きの秘訣だと思うのです。

声を出して会話する。

とても脳を使うことです。

だから女性の方が長生きなのじゃよ!

男性陣!

黙る男性陣を横目に、これからもせっせと脳活しちゃうんだもんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA