ピアノレッスン

昨日届いた、二つの楽譜、どれどれ、ちょっと音にしてみようか。。。

昨日は午後から、少しの時間ピアノに向かいました。

まずは英雄ポロネーズ

まずは、「英雄ポロネーズ」

その、印象的な始まり。

♪ジャーン♬

を、音にしてみる。

そして

まずは右手。もちろん片手ずつ。

いきなり、右手が重音なのね💦

始まりから、音を拾うのに苦戦。まあ、想定内であります。。

譜読みからずっと離れているので、

五線から大きく離れた音は、

順番に追ってかないと、なんの音かわからない。

数を数えるように音を確認。

忘れてしまってることも多いなぁ。

しかも最初の三小節だけでも、自分の思ってた音と違い、

「え?」「こんな音?」

しかし続けて弾いてみると、「あーっ、この音だー」

と、極めてノロノロな譜読みが始まったのでした。

話はそれますが、耳コピとかできちゃう人、まじリスペクトします笑

ハラミちゃんとか、凄すぎて、凄すぎて☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆言葉になりません!

それにしても、重音や、音が離れている忙しそうな譜面。

やっぱりF難度は違うなぁ。

でも、少し音を拾えると、やっぱり弾きたい!という思い。

長い時間がかかっても、やってみようかという気になりました。

もしも弾けるようになったら、友人に褒めてもらおう(๑╹ω╹๑ )

聞かせるわけじゃないけれどね。

そして「献呈」

「献呈」

言葉の意味は、差し上げること。別邦題で「君に捧ぐ」

何か素敵な雰囲気です。

偶然にも「英雄ポロネーズ」と同じ変イ長調。

基本フラットが、ラ、シ、レ、ミ。と覚えます笑

「英雄ポロネーズ」よりは譜面があっさりして、少しは弾きやすいか?と思ったのも束の間、

3ページ目には、見たことのない、三段譜が!

な、なんじゃこりゃーっ

どうやって弾くん?

スマホで調べてもなんだかよくわからない。

まあ、譜読みが順調にいって、そこまできたらまた考えよう。と、いつもの、”なんとかなるさぁ”的にスルー。

しかしやはり、かなりの難曲なのであります。

気持ちは小学生にタイムスリップ

こうやって譜読みをしていると、気持ちは、ピアノを頑張っていた小学生の頃に。。。

譜読みは一番苦手で、一緒に習っていたお友達”キコちゃん”は、ほとんど初見で弾くことができ、

羨ましかったなぁ。

私は、ほんとに一つ一つ拾ってかないと無理で、随分時間かかったっけ。

もう40年以上も前の話。

いつも一緒にレッスンに通い、ライバルでもありました。

ショパンが得意だった彼女。

今では全く連絡取れなくなってしまったけれど、彼女もたまにはピアノを弾くのだろうか?

ボロボロのショパンピアノアルバム
破れたページの中には、彼女の落書きが残ってる!

昔懐かしむ、金曜の朝なのであります。

パソコンを叩きながら、BGMはもちろん反田さんのピアノ。

そして、これからパートのお仕事へ。

随分暖かくなり、ホカロンはもう要りません。

さて、今日も一日、がんばるぞー٩( ᐛ )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA