「英雄ポロネーズ」「献呈」の楽譜を買う

昨年、ショパンコンクール2位の快挙を遂げた、反田恭平さんに魅せられてから、

3ヶ月あまり。

反田さんのYouTubeを観ない日はありません。

彼のピアノの音色に、毎日活力をいただいております。

あまりに聞きすぎて、何を血迷ったか私、

ショパンの「英雄ポロネーズ」、シューマン/リスト編集「献呈」の楽譜、

ピース版を買ってしまったではありませんか。

YouTubeで観てるのは、音だけでなく、その姿にも魅せられているから

”YouTubeかい”って思うけれど、こんな時、ほんとにこの愛用iMac、音がいいのです。

感謝!愛してます笑

流れる音は臨場感に溢れ、リビングがコンサート会場に。とは流石にちょっと言い過ぎですが、

毎日聴いていて、毎日、心動かされ。。。

何より、演奏する姿が見られるというのは、CDとは感動がまるで違うのです。

サムライヘアーをした反田さんが、顔に汗を滴らせながら、繊細な音を奏でる姿。

その指先が見れるというのも、YouTubeならではではないでしょうか。

私が観ているのはChopin Institute チャンネルのもの。

その中で、特に好きなのが、「献呈」、「英雄ポロネーズ」です。

家に一人でいるときは、大音量で、まさにコンサート気分。アゲアゲです(๑╹ω╹๑ )

ピアノが弾きたい!

彼の奏でる姿に合わせて、自分も昔弾いてた指を動かしてみる。

当然、動きゃしないのですが、妄想です、妄想。笑

すると、この、「献呈」、「英雄ポロネーズ」の楽譜が見てみたい!という強い衝動に駆られ、

昨日、最近お決まりのアマゾンで、ポチっ、シュワっと買ってしまったではありませんか!

これぞ、まさに衝動買いです。

彼の演奏に魅せられてからは、自分でも、ピアノを弾きたくなり、昔弾いてた楽譜を引っ張り出して、

少し練習していたのですが、

私が中学生の時からの楽譜、ボロボロの「ショパンピアノアルバム」には「英雄ポロネーズ」は収録されておらず。

ましてや「献呈」などは全く知らなかったのですから、楽譜などあるはずもありません!

しかし、買っては見ても、難易度の高い曲達だけに、ブランクありまくりの私には当然弾けるはずもないのですが、

楽譜を見て、音を追っかけてみたいっ、とういう、自分でも訳のわからない衝動に狩られた次第であります。

さてさて、どれだけ音をおかっけられるかな。

楽譜が好き!

届いてみると、まずは新品の紙の匂い。

開けば、五線譜に引き詰められている、たくさんのおたまじゃくし達。

懐かしの符号たちが並ぶ。

やっぱり、楽譜っていいなぁ。

何かピアノを習っていた頃のことを鮮明に思い出し、

自分はこの楽譜というものが好きなのだ!と発見したのであります。

裏面を見てみると、この全音ピアノピースが定める難易度の目安、どちらも最高難度のF(上級ー上)。

弾くとは恐れ多いのですが、ピアノの蓋を開けて、音を拾ってみたくなるのでした。

人の姿が自身を突き動かす

結局、自分を動かすパワーって、人からいただいているもの。

最近、特に実感します。

自分自身から湧き起こるものなんて皆無です。

そう考えると、

いただくばかりではなく、次は誰かに何かを与えられること、

これを模索して行きたい、という思いに。

そして

世界が大荒れの昨今、

人が人を好きになる気持ちがあれば、なんで、戦争なんて起きるのだろうか、

と、平和な我が家にいて、実にシンプルな疑問を抱く、今日この頃なのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA