待っていた春なのに

今年の冬は、ほんとに寒くって、コロナの疲弊感も続き、

心の底から春を待っていたのですが、

実際、来てみると。。。。

春の風に、わがままな自分再発見!

昨日は、我が家のベランダでは風が吹き荒れ、洗濯物も気のせいか、砂埃をあびた様な。。。

当然、花粉も入ってきて、窓が開けられないの

です。くしゃみ連発。

そして気温も上昇。少しでも動くと、

もう暑い💦

あーお風呂上がりも、ちょこっとベランダに出て、気持ちよく涼んでいたのに。

早くも、冬の凍てつく綺麗な空気を懐かしむ。

朝の空全体も霞んでいて、玄関から見える富士山も、ここ二、三日見えてません。。

あんなに春を待っていたというのに、来てみたらこの不快感。

これからは暑いだの、寒いだの、加湿だの、除湿だの、忙しいに違いありません。

そしてとりたて、この春の風が嫌いだったんだ、私。

思い出しました。

全く、わがままな自分再発見であります。

明日は姉の命日、あの日も風は強かった

明日は3月7日、姉の25回目の命日です。

そういえば、あの葬儀の日も風が強かったっけ。

風が強いって、私はほんとに嫌いなのですが、

姉が亡くなって、随分と経った2007年頃、

秋川雅史さんの「千の風になって」が大ヒットし、その歌詞に心を打たれたのを思い出しました。

亡くなった人が歌いかける、というセンセーショナルな設定。

親しい人を亡くされた人は皆、驚き、涙したのではないでしょうか。

加えて、

お墓に私はいません、千の風になってあなたの周りを漂っています、

という内容の歌詞に、衝撃を受けたのです。

これだ!

亡くなった姉は風になったのだ。

お墓になんか居ない。

私にはとてもしっくりきたのです。

そうだ、

風にはそんなイメージもあるのです。

今でも毎月お墓に行って、お参りしますが、

そこには、姉も、母もいるとは思っていません。

あるのはこの世の姿の亡骸。

そこに手を合わせることも、もちろん供養ですが。

「そんなとこにいないよー」といつも言われている気分になるのです。

今日はこれから1日早いお墓参り。

取り巻く春の風を感じながら、行ってきます!

お姉ちゃん、あんまり強く吹かないでおくれ

( ´ ▽ ` )

今年の春を記録しよう

そんなこんな、結局いつもの春を迎えている私ですが、今年は例年にないことがあります。

それは、このブログを始めているということ。

初めて、冬から、春へと季節が変わりました。

これをできるだけ、記録していきたと思うのであります。

とりあえず、「春はあけぼの」は本当か?

あけ方の空の景色を楽しんでみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA