街を彩る桜たち、それぞれの桜。

昨日はパートのお仕事、お皿を洗いにバタバタと出かけていきました。

通りにポツポツ存在する桜。

咲き具合を確認しつつ、「満開はまだかいな」

そこここで見かける桜、自分の桜

桜って、日本では、名所ばかりではなく、街中に実にたくさんありますよね。

わざわざと出かけなくても、ご近所の桜を拝見して、楽しませてもらうこともできるのです。

この時期は、あちらこちらで、あ、ここも桜、あそこも!

学校近辺では、かなりの確率で桜の木がある気がします。

素敵です(๑╹ω╹๑ )

そして、これは自分の桜である

と決めてる人も多いのではないでしょうか。

どうだろか。笑

私は自分の家の前に小さな小さな公園があって、そこに1本、大きな桜があります。

これが我が桜。

昨日もお仕事に出かける時、見上げると、二分咲き、といったところでしょうか。

ところが、数時間で表情を変える桜。

帰りは三分咲きくらいになっていたように思います。

生活の通り道にある桜。

引っ越してきてから20年間、2回だけ、この時期、息子の空手の遠征で留守にし、満開を見ることができませんでしたが、

それ以外はずっと、楽しませてもらっています。

好きな桜あれこれ

私は、散り際の桜が1番好きです!!

春の風に乗って、花びらが舞い散る、

美しき姿。

そして、

あー、散ってしまうっっと 言う、終わりのせつなさも加わって、

見惚れしまうのです。今年もそれを待っています。

そして、好きな桜の風景は河原。川に向かって枝垂れている姿なんて最高!

富士山と桜、

海と桜

なんて言う風景も賞賛されてますが、私はだめです!

だって富士山、海、どちらもほんとに好きなので、ミックスさせては魅力半減!

倍にはならず。ではありませんか?

中には、海、桜、富士山、全部載せ!

みたいなのも見たことがあります。

もうこうなると、何に感動していいやら。

ま、完全に人それぞれな話ですね。

と言うことで、

日本人は、人それぞれの桜を楽しんでいると思う、今日この頃なのであります。

本日は花冷えの曇り空。

桜の蕾たちも息を潜めて、少しお休みかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA