みんな同じがいい国 日本について思うこと

お金の勉強を始めて2年弱。

始めは少しの株や家計のことであったのですが、

身の回りの小さな経済は、世界の大きな経済から繋がっていて、

必然、世界の株価やエネルギー問題、そして

世界の中の日本という国を意識することに(๑˃̵ᴗ˂̵)

安い日本

勉強を始めた頃自分が思い描いていた

豊かでお金持ちの日本

という国は、とっくに崩壊していて、

かつての経済大国日本

は今や

お安い国 日本

となっていて

未来日本経済は衰退の一途を辿り、このままでは

滅びゆく日本

という声まで聞こえてきて、

「え?( ・∇・) 日本て今、そんなことなってんの??」

ただただ驚きと不安を感じているのです。

守られている国 日本

しかし一方で、個人の経済の話では、日本はとても

守られている国

こう感じることが多くなりました。

まずは勉強するきっかけの株の世界

日本の株式市場では値幅制限というものがあって(ストップ高やストップ安)

株価の異常な急騰や暴落を防ぎ、投資家を守ってくれていたり、

株価が大きく下落した時など金融政策として、日銀がETFを買い入れ

株価の安定を図ったりと、他国では見られないことが日本にはあります。

そしてFPの勉強をしていると保険の世界

日本は

国民皆保険

国民皆、手厚い社会保険に守られているのです。

貧しくて飢え死にする人や

貧しくて医療が受けられない人

はシステム上、いない国なのであります。

税金の世界では

極端な大金持ちが出現しにくい仕組みになっているという反面、

極端に貧しい人も出ないという

みんな同じがいいよね(๑˃̵ᴗ˂̵)

な国なのであります。

この守りの姿勢が

この時代において日本が取り残されている原因なのか、わかりませんが

良きも悪くも

守りの国日本

なのかなぁと感じるのであります。

しかし自分を含め

国に守られているが故なのか、批判はすれど、

色々な制度、現状をを知らない人が多いのではないでしょうか。

痛感します。

色々知ると日本という国の現状が見えてきて、

不安になることがありますが、知ることでまず、無駄な不安は取り除かれます!対策が練れます!

ということで、まだまだお勉強は続くのであります。。。

これから世界不況が来るって言われていることも知っているからこそ

今後の株価に対する心構えと対策もできるではありませんか!

と、いきなり自分の株の話になったところで

これまでの個人的感想を終わらせたいと思います(๑╹ω╹๑ )

曇り予報から一転、秋晴れ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA