桜は開花宣言!家では紫陽花の植え替えに挑戦!

昨日は関東地方でも次々と開花宣言!

いよいよ、お花見に向けて、街中が進み出しましたね。

各地のまんえん防止重点措置も次々と解除され、開放感のある春の予感です。

啓翁桜は満開に!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

我が家は早くも梅雨の準備?

そして、昨日午後は、注文していた、紫陽花の土が届きました。

昨年は見事な葉っぱをつけてくれたものの、花を咲かせてくれなかった我が家の紫陽花たち。

今年は、なんとか咲いてもらいたくて、木製のプランターと、専用の土を注文していました。

まだベランダに陽射しが差し込んでいたので、早速、植え替えしちゃおう!

ということで、早くも梅雨に向けての準備がスタートしたのでした。

プランターの購入から

まずはベランダに合わせたプランターを準備。

これは数日前、いつものアマゾンで購入したもの。

昨年は、器が小さく、土が少ないことで咲かせられなかったと知ったのですが、

なんせマンションのベランダ。

スペースに限りがあります。

入念にサイズを測って、と。

これにしましたー。

木製って、傷んだりしないのかなぁ?などの不安もありましたが、

デザインが気に入ったので、使ってみたくなったのでした。

青く咲かせる土?

そして、紫陽花は土の成分によって色が決まる、という大事な土選び。

詳しくないので、こちらもアマゾンで上位にあったもの。色ごとに専用の土があってびっくり。

エイヤーっと2袋注文。大体このくらいの量かな?適当なのであります。

作業開始 ٩( ᐛ )و

二つの小さな鉢に分かれていた紫陽花たちは、しっかりと細かい根が張って、傷つけないように取り出すのに一苦労でしたが、

なんとかnewプランターに納め、購入した土を被せます。

土、二袋10ℓ だとちょっと少なかったけれど、ま、いっか。

土には発色用の粉がついており、水で薄めてあげるんだとか。

これは、もう少し葉が育ってからの方がいいのだろうか?

と思いましたが、袋の3分の1を2リットルの水に溶かしてあげる、と説明されていたので、

とりあえず、1回分はあげてみました。

そして、家にあった肥料を1粒置いて。。。

6月には素敵な花をお願いします

ジャーン!

完成であります。

梅雨の鬱陶しい季節に、綺麗な青い紫陽花、咲きますように〜(๑╹ω╹๑ )

これからは、桜、ハナミズキ、新緑、他にも街に咲く花々や木々の色付きを楽しみたいなぁ、と思う今日この頃なのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA