勝負事は”一歩引いて全体をみる”が大事

昨日は父の誕生日ということもあり、月に一度のお墓参りと一緒に、家族で実家に行きました。

麻雀大会から

そんな時、毎回開かれるのが麻雀大会🀄️

ゲーム好きの我が家の最近の定番(๑˃̵ᴗ˂̵)

麻雀歴の長い父と、ここ何年かで覚えた我が家3人。

当然、父は強いわけで。

しかし負けじ劣らず息子が強い。なんといっても、なんだかんだ

最終的に負けない

のであります。

その理由は明確で、1局の勝ち負けに拘らず、最終的に点数で負けないための計算をしながら勝負しているからです。

そして、常に場の全体を見渡せる力があるからなのです。

これでは、自分の手を揃えることに精一杯の両親は、いいカモにされてしまいますね🦆

もちろん、単なる遊びなので、私はそこまで勝ちに執着できず

”1回は凄い手を揃えてやるぞ〜〜”といった別の目標があるのすが。。。

それにしても、ここに勝負事の本質を感じざるを得ません。

  • いかに自分勝手にならずに、俯瞰から物事を見れるか、はたまた気持ちにその余裕があるか。
  • ルールを最大限活用して、負けない試合ができるか。

であります。

さ、わかったとこで、これを我が投資にも活かせたらなぁと思う

本日猛暑復活!なスタート!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA