簿記かFPか、はたまた、どちらもか

このブログで、私は株とお金の勉強をしており、特に最近では簿記の勉強をしていることを

カミングアウトしてきたのですが、

正直、まだまだこのブログを世に滞りなく送り出すのに必死で、

勉強にあてる、十分な時間が取れないでいました。

小金持ちへの道はまだまだ遠いのであります。

写真はイメージです(๑╹ω╹๑ )

そもそも簿記なのか?単純な疑問

と、大まかな言い訳が終わったところで、

ここからは細かな言い訳。笑

最近、瞬殺で眠くなる簿記の参考書を見ていて、

これ、私が求めている知識か?

そんな囁きがどこかから。

帳簿の付け方から入り、そんなに難しい感じはしないのですが、

なんのマジックか、これが、全く頭に入ってこないのです!全く覚えられない!

借り方、貸し方、増加ならこっち、減少ならこっち。

何回、同じページやっとんねん!

これは老化なのか?(困りごとがあると、老化ということにする最近の悪い癖)

貸借対照表とか、損益計算書の見方が解りたいだけなのに。。。この仕分けの方法とか意味あるの?

という、自分の理解力の無さを、

そもそも、やる意味あんの?的な、いちゃもんをつけ、現実から目を背けたい、というひどい言い訳。

ま、こんな”やらない理由”をグタグタ考えていても時間の無駄なので、

ちょと、方向転換して、FPの教材も見てみようではないか!と思い始めました。

何事も有言実行!

もともと、簿記も、資格を取る目的でなく、株やその他自分の資産形成

(かっこいい( ^ω^ )!)に役立てたいというもの。

しかし、やはり、ただ勉強するのでは、

なんというかー、モチベーションがー、

な感じなのです。

なので、公言します!

FP三級、簿記三級、どちらか、取ります!今年中に!

いっちゃいましたね。

あー、公に言っちゃいましたよね。

とりあえず、Amazonで、

FPの参考書、お決まりの、ポチっ シュワっと購入でございます。

今後の報告に、乞うご期待であります。

人を動かす力はやっぱり人

という感じで、停滞気味の簿記の勉強を見直そうと思う、

これには、実はちょっとしたきっかけがありました。

友人から、株や保険の相談をされたのであります。

ここ1年位は毎日、株やお金、パソコンの勉強をしてきましたが、

いざ、相談されてみると、なんと、自分の知識の少なさや。

何もいえねー。

アドバイスの一つもまともにできないのですよ。情けなや。

自分の事であれば、「きっとこういう事だもんね、」という感覚でとりあえず、実践、実践なのですが、

人様の大事なお金に関し言及しようとすると、自信持って言えることが一つもないのであります。

大きなことは言えなくても、自分が関心を持ってやっていることならば、

きちんと意見を伝えたいではありませんか。

結局、人を動かすのは人なのであります。

人間の脳はいい奴

以前、息子が空手をやっている時、スポーツ心理や脳科学的な観点から分析するのが好きで、

その手の本を読み漁っていたときに、

「人間の脳はとても”いい人”であって、自分の為でなく、人の為というモチベーションの方が、良いパフォーマンスができる」というものがあり、驚いたことがあります。

まさにこれか?

って、まだ動き出してもないけれど💦 相変わらずなポジティブ思考。

しかし本当ならば、友人を理由にして、勉強はかどっちゃうかもねー♪( ´θ`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA