小さな経済

株式投資をするにあたって、経済のお勉強をしてます的なことを書いたと思いますが、

誰もが関係する小さな経済、それが家計であります。

そもそも、株に投資するのだって、家計の足しにしたいなぁとか、

老後資金を少しでも増やしたいなぁというもの。

みんな繋がっています。

元の家計をコントロールできなければ、それこそ、元も子もないのです。

さて、お正月気分も終わったところで、年末年始に膨らんだ我が家の家計も

引き締めなければ!と思うのであります。

めざせ家計のミニマリスト

話は遡ります。バブル時代に青春時代を過ごした私なのですが、そもそも物欲というものがあまりありません。

物で溢れてた時代、みんな同じバッグを持ち、ブランド物で身を固めていたあの頃。

その時代ですら、それらのものには全く興味なし。

それは今でもそのようで、例えば、

大きな家に住みたーい

とか

高級車に乗りたーい

とか、全然思わないのです。

もちろん洋服アクセサリー関係も然り。

居心地のいい家、着心地のいい服。そこには関心がありますが。。

雑多な物で溢れていた実家。そこに対する反動があるのかもしれません。

物がないと ほっとするのです。

必要な物だけがある。というか、大切なものだけある。どこに何があるか全て把握できている状態。

この状態が最高!

なので、我が家の衣料費やその他贅沢品のような類にかかる経費はほとんどありません。

そしてこれといったお金のかかる趣味も特になし。

ならば家計もミニマムにしたい!ミニマリストになりたい!できるはずでは?

しかし問題は。。

問題は大雑把な性格と、お金に対する頓着のなさ

最近まで我が家の家計で一番ウエートを占めていたのが、食費と子供にかかるお金。

食費はみんな食いしん坊なのが理由。外食も大好き。そして息子はずっと空手をやっていてそれにかかる遠征費などもろもろです。

しかし、1番の問題は、私のお金に対する姿勢だったような気がします。

無駄なものは買わないけれど、節約ということができない。

値段を見ないで買ってしまうこともしばしば。

値段を見ても、高いものを選んでしまいがち。

数百円の節約ができないのです。

ここを見直さなければなりません。わかっちゃいるんだけどね。

一応、できる限りまとめ買いをするとか、数年前からはできるだけ全てをカード払いでまとめ、

家計簿だってつけてます。

手書きの家計簿。
開いてもリングが気にならないノートがお気に入り。中身は恥ずかしいので今のとこ非公開😆

目標は、カードで払う食費、生活用品、美容院代などもろもろ含めて10万円以内。

が、これがなかなか達成できません。

しかし、このように少しは分析(??)できたのだから、

今月は頑張ろうじゃありませんか。

この大雑把な 頑張ろう が問題なのにね笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA