ピアノ

私が小さい頃に習っていたものにピアノがあります。

のらりくらりで、途中長くおやすみしたりしてましたが、結婚前も少しだけ通ったりして、ずっと続けていました。

途中引越しなどで先生は変わりましたが、10歳からはずっと同じ先生。

練習などしていかなくても「こらっ」って言いながら絶対振り下ろさないゲンコツ。

とても優しい男の先生でした。

年に1回の発表会と選ばれた人が出れるコンサート。

いつも先生は難しい曲でも弾きたい曲を弾かせてくれました。

自分にとって、とても難しい曲ということもあり、いつも発表会は、間違えないで弾けるか?レベル。

必然、とても緊張したのを覚えています。

それでもたくさんの曲に挑戦させてもらったおかげで、ピアノから離れてしまった今でも、少し楽譜をみると,多少は指が動きます。

時間ができた最近は、古さでボロボロになった楽譜を開いて、鍵盤を叩いてみます。

最近は、ショパンコンクールでの反田恭平さんの活躍に刺激され、ピアノの魅力を再確認。

少しは思うように弾けたら素晴らしいなぁと思っています。

ピアノは亡き母が当時相当無理して買ったであろう、50年物。

どうしても娘にピアノを習わせたかったみたいです。

ピアノを始めた東京から神奈川に引っ越した時、

毎週電車で片道1時間かけて私と姉を稽古に連れてってくれました。

次に埼玉に引っ越した時は、さすがに通えなかったのですが、何より先に先生を探してくれました。

そんなにしてまで通わせてくれたのに、

全く練習しない娘に「練習しなさい」って一言も言ったことがありませんでした。

何においても強制せず、自由にさせてくれた母。

全然真面目に練習できなかったけど、なんとか続けて、

今はあんまり弾けなくなってしまったけど、

母が私に授けてくれたもの。

大事にしたいなぁと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA